記録的短時間大雨情報の連続

九州北部の福岡県久留米市朝倉あたりを中心に集中的な降雨で、気象庁が記録的短時間大雨情報が連発して発表されるたび、スマホの通知音が響きます。

私も九州北部のある町の在住なので、全くの無関係ではない状況で、テレビ中継や解説等で流れる町の状況を見るとなんともできない状況と今後の状況がどうなり、その時に自分がどうすべきか、不安と恐怖しかありません。
気象庁が異常降水量を予測した際の記者会見で、命を守る行動を最優先にしてくださいという言葉には、もっともなことではあるものの何かモヤモヤしたものを感じています。
本来、気象庁は気象状況を計測し予報を出すプロである人たちにどのくらいの時間まではこの状況が続くとか、ぼんやりとでも判断をしてもらえない状況で、自然の動向では何が起こるかはわからないから、自分の身は自分で守ってくださいということ言葉は突き放された感じを受けているからなのかもしれません。
最近の自然現象は今まででは想像できないような様相を呈することが頻発しており、何かを言えば、すぐに批判を食らってしまうために記者発表する方の発言も何か遠慮が入っているように感じてしまうのは私だけでしょうか。
梅雨時の雨は生物にとって必要不可欠ではあるものの、これ以上被害が広がりません用にと思いつつ、関連ニュースを見ています。

八千代市 整骨院