久しぶりに料理を作りました

私は最近料理を作っていなくて、今日は夜勤明けで帰ってきた父親の為に料理を作りました。
父親の為に作った料理は、ピーマンの肉詰めとわらびと薩摩揚げと人参の煮付けとわらびとジャガイモの味噌汁です。
ピーマンの肉詰めは挽肉を使わずに、ヘルシーの鶏の胸肉を使って作りました。
鶏の胸肉をサイコロ状に切って、その他に人参とタマネギを細かく切ったものを片栗粉と卵一個と塩こしょうと混ぜます。
その混ぜたものを、ピーマンを半分に切って種を取り出したものに詰めます。
その肉を詰めたピーマンをサラダ油を引いて熱したフライパンに並べて蒸し焼きにします。
両面焼いて出来上がりです。味付けは塩こしょうだけなので、お好みでソースを付けて食べると良いかなと思います。

そしてわらびと薩摩揚げと人参の煮付けは、あく抜きしたわらびと半分に切った薩摩揚げと大きめに切った人参を鍋に入れて、水とお醤油で味付けして煮ました。
お砂糖やみりんやお酒を使っていないので、甘さ控えめで良いかなと思います。
わらびとじゃがいもと人参の味噌汁は、アク抜きしたわらびと食べやすい大きさに切ったじゃがいもと、千切りにした人参を水で煮て最後に粉末のだしと味噌で味付けしました。
粉末だしを入れると味が良くなると思います。
父親は私が作ったピーマンの肉詰めはまぁまぁで美味しいと言ってくれました。
久しぶりに料理をして良かったなと思いました。